植えっぱなしOKの多年草・宿根草|おすすめの花37選

手のかからない庭づくりには、多年草や宿根草が必要不可欠です。植えっぱなしOKの丈夫な多年草・宿根草のおすすめの花37選をご紹介します。毎年花を咲かせてくれる多年草・宿根草を植えて、管理の楽なガーデニングづくりをしませんか?

多年草・宿根草とは?

宿根草は3つのグループのひとつ

草花は大きく3種類のグループに分けることができます。

1つめは、一年草・二年草と呼ばれるグループ。

2つめは、球根植物

3つめは、今回ご紹介する宿根草です。

宿根草は、開花期になると花を咲かせますが、苦手な季節になると地上部を枯らして根だけで過ごしたり、葉だけにしてその季節をやり過ごしたりします。

そのおかげで、一度植え付けると数年に渡って育てることができ、丈夫で育てやすいため、庭や花壇に率先して植え付けていきたい草花と言えるのです。

数年に渡って育てられる草花は多年草

多年草は、一度植え付けると数年間育てることができる草花のことを指します。

よって、一年草や二年草は多年草とは言えません。

もちろん宿根草は数年に渡って育てることができる草花のため、多年草のグループに入ります。

また、球根植物も一度植え付けると何年も育てられるので、多年草と呼ばれることもあります。

他にも、夏や冬の苦手な時期に地上部を枯らすような落葉性の草花を宿根草と言い、地上部に葉が残った状態の常緑の草花を多年草と呼ぶケースも多くあります。

このように、多年草と宿根草の表現が曖昧なケースが多いのが、混同されたり戸惑われたりする原因でしょう。

多年草とは、数年に渡って育てることができる草花の大きな総称として捉え、その多年草の中に、宿根草や球根植物といった分類があるという風に覚えておくといいかもしれません。

おすすめの多年草・宿根草37選

大まかなサイズごとにおすすめの多年草や宿根草をご紹介していきます。

大型の宿根草

キキョウ

風情が感じられるキキョウの花。

耐寒性と耐暑性が共に強く、丈夫で育てやすい多年草の草花です。

開花期は初夏から10月ごろまでで、草丈は80cmほどに高く生長します。

早いうちに支柱を立ててあげ、風や重みで倒れることを防ぐといいでしょう。

アガパンサス

アガパンサスは植えっぱなしOKで、見事な花を毎年咲かせてくれる多年草です。

大型で1mを優に超える種類もあり、株張りも大きくゴージャスで、涼しげな花を咲かせてくれます。

土質を選ばず、環境に適応する力があるため、そういった面でも非常に育てやすい花なので、庭や花壇の大きいスペースにぜひ植栽してみましょう。

宿根アスター

宿根アスターはキク科の仲間で、冬になると地上部を枯らす性質を持つ宿根草です。

背丈は種類によって2mにもなることがあり、小さな花をたくさん咲かせます。

開花期は夏から晩秋にかけて花を咲かせ、花色は白やピンク、赤、紫などのカラーがあります。

早い時期から摘心をしてあげると、コンパクトに宿根アスターを楽しむことができるので、ぜひやってみましょう。

ジギタリス

ジギタリスは暑さに弱い一面があるので、二年草と扱われることもありますが、耐寒性は強いため、夏越しさえできれば毎年花を咲かせてくれます。

また、一度植え付けるとこぼれ種でも増えていくといった嬉しいメリットも。

背丈が高く生長するので、ボーダーガーデンの後方にぴったりの花です。

イングリッシュガーデンではお馴染みの花なので、ジギタリスを植えて本場のイギリスのような庭造りを目指しましょう!

クレマチス

クレマチスは種類が豊富な多年草で、つる性の性質を持つものや木立性のもの、一季咲きや四季咲きタイプなど、さまざまなクレマチスがあります。

咲き方や花色も豊富なので、お気に入りのクレマチスを見つけて育ててみましょう。

剪定や支柱に絡ませたりと、綺麗に咲かせるには手入れが必要ですが、手をかけた分だけ、開花期には見事なクレマチスを見ることができるでしょう。

壁面を覆い尽くすほど、大株に育てあげてみてはいかがでしょうか?

ジャーマンアイリス

花色のバリエーションがとても豊富なジャーマンアイリス。

こちらも球根植物ですが、植えっぱなしOKで毎年花を咲かせてくれる、丈夫な多年草です。

一つ一つの花が大きいので、インパクトは抜群で見栄えがします。

ただ、酸性土を苦手とするため、植え付ける前には苦土石灰をまいて酸度調整をするといいでしょう。

シャクヤク

「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」という言葉は、美しい女性を花に見立てた昔からある例えで、昔から多くの人々に愛されてきた花です。

シャクヤクは非常に上品で優雅な大輪の花を咲かせる宿根草で、切り花で花束やフラワーアレンジメントにしたり、ウエディングブーケにも使われることがあります。

植えっぱなしで数年に渡り花を楽しめ、庭や花壇を華やかに彩ってくれるでしょう。

デルフィニューム

デルフィニウムは白、ピンク、水色、青、紫などの花を、5月〜6月にかけて咲かせ、庭を清涼感たっぷりに飾ってくれます。

耐寒性が強く、寒冷地では宿根草として育てられる花です。

暑さが苦手なので、暖地でも夏越しさえできれば、毎年花を咲かせてくれるでしょう。

ヘリアンサス

ヒマワリの仲間として知られるヘリアンサスの花は、10cmほどの中型サイズ。

しかし、草丈はヒマワリと同じように1〜2mにも生長し、よく分岐するので華やかに夏から秋を彩ります。

耐暑性・耐寒性ともに強く、植えっぱなしもOKなので、丈夫で育てやすい多年草です。

ベロニカ

ベロニカは長い花穂をつける花で、7月〜9月いっぱいまでの時期に、庭や花壇に咲き誇ります。

背丈は1mを超えることがあるので、庭や花壇の後方に植えて、奥行きを出しましょう。

株が徐々に大きくなっていくので、植えつけるときには十分なスペースを確保し、広がりすぎたら株分けをします。

霜が降りる頃には休眠するので、春の芽吹きを楽しみに待ちましょう。

エキナセア

エキナセアは種類によって70cm程度に育つ中型タイプもありますが、大型の種類は1mをも超えることがあり、ボーダーガーデンでは後方向けの宿根草です。

花は中心部分が大きくなるのが特徴で、八重咲きだったり、花色が豊富だったりと、たくさんの種類があります。

耐寒性、耐暑性ともに強く、冬には落葉して越冬し、植えっぱなしOKで手もかからないため、特におすすめしたい花のひとつです。

中型の宿根草

シュウメイギク

白やピンク色の花色があるシュウメイギクは、寒さに強く育てやすい多年草です。

背丈は大きくなっても80cmほどなので、多年草の中では中型サイズの草花です。

もともとシュウメイギクは、自生していた山野草の仲間であり、生育旺盛で植えっぱなしでよく育ちます。

秋になると次々と花を咲かせて、庭や花壇を賑やかに彩ってくれるでしょう。

エキノプス

エキノプスは、品のある綺麗な青い色の丸い花が咲き、ドライフラワーや切り花にもよく使われる花です。

夏の高温多湿に弱い一面がありますが、寒さにとても強く、植えっぱなしでも数年は楽しめるでしょう。

個性的な花なので、庭のアクセントになり、他の花の引き立て役にもなります。

水はけのいい土づくりを心がけて、エキノプスがよく育つ環境づくりをしてください。

シャスターデージー

シャスターデージーは、丈夫で育てやすい多年草で、マーガレットのような花を5月ごろから長く咲かせます。

冬にはロゼットで越冬し、春を迎えると次第に葉を茂らせて茎を伸ばします。

繁殖力があるので、ときには雑草のように扱われることもありますが、育てやすく植えっぱなしで十分に育つので、広い庭では重宝する草花でしょう。

ムラサキセンダイハギ(バプティシア)

しなやかで品のある葉をつけるバプティシアは、花が終わった後も葉を鑑賞することができる多年草です。

背丈が高くなってくると、茎が倒れてくるので支柱を立てて紐で縛り、コンパクトにまとめてあげると綺麗です。

ムラサキセンダイハギとも呼ばれ、何年も植えっぱなしでしっかり育つ、優秀な草花です。

花はビロードのように艶やかなので、切り花にして飾るのもおすすめですよ。

ウィンターコスモス

ウィンターコスモスは、秋から霜が降りる頃まで、株いっぱいに黄色い花を咲かせます。

霜が降りると地上部を枯らして越冬し、春まで休眠する宿根草の仲間。

耐暑性も強いため、特に手をかけなくても毎年花を咲かせてくれるので、一度植え付けたら何年も育てることができます。

大きく生長すると1mを超えることがありますが、一度高さを抑えるために夏に剪定してあげると、秋にはちょうどいい高さで花を付けてくれるでしょう。

エリンジウム(エリンジューム)

切り花やドライフラワーで人気のエリンジウム(エリンジューム)は、寒さに強く、冬をロゼット状にして越冬します。

しかし、高温多湿に弱い傾向があるので、寒冷地では多年草として育てることができますが、その他の地域では夏に枯れてしまうことも。

上手に夏越しをさせて、庭や花壇をおしゃれなエリンジウムで素敵に飾りましょう。

コレオプシス

コレオプシスはとても丈夫で、耐寒性・耐暑性とも優れている宿根草です。

20〜30cmほどに生長する小型なタイプや、80cmほどに高く生長するコレオプシスもあり、まるでコスモスのような花を夏の間咲かせます。

生育旺盛なので、株が大きく広がり、一株でもボリュームがかなり出るため、余裕を持って植え付けましょう。

病害虫にも強いため、ほとんど手入れ不要の植えっぱなしOKな多年草なので、ぜひ育ててみてくださいね。

オダマキ

ユニークな花を咲かせるオダマキは、花色もさまざまで種類が豊富。

山野草としても知られ、日本の気候では育てやすい草花です。

しかし、もともとは山の中で自生していた植物なので、夏の本格的な暑さは苦手です。

植え付ける時は、夏の西日が当たらないような半日陰の場所に植え付けてあげると、オダマキにとって好条件な環境となるでしょう。

ガウラ

まるで蝶のような品のある花を咲かせるガウラは、長く伸ばした茎に次々と花が付き、趣のある雰囲気が特徴です。

春から夏にかけて長期間庭や花壇を彩り、冬には休眠して春にまた芽吹きます。

耐暑性・耐寒性が強く、土質も選ばないため、初心者でも育てやすい多年草です。

日当たりのいい場所に植え付けて、大きく広がるよう育てましょう。

宿根フロックス

フロックスのパニキュラータ種が、一般的に宿根フロックスと呼ばれている種類です。

宿根フロックスは鮮やかな花色があり、小花をまとまって咲かせるので、1茎でボリュームたっぷり。育てて切り花にして飾るのもおすすめです。

背丈は60cmくらいから1mを超えることもあるので、中型〜大型の宿根草になります。

肥料を与えてたくさんの花を咲かせましょう。

フウロソウ(ゲラニウム)

おしとやかな雰囲気の花が咲き、和風な庭にもぴったりなフウロソウ(ゲラニウム)。

耐寒性が強く、蒸れに弱いといった特徴を持つ宿根草です。

種類が豊富で、花色もさまざま。花の形が自然に馴染みやすく、ガーデナーにとって使いやすい多年草でもあります。

高温多湿に気をつけて育てれば、毎年花を見せてくれるでしょう。

ユーパトリウム

アゲラタムとそっくりな花が咲くユーパトリウムも、耐寒性・耐暑性が強い丈夫な多年草です。

冬は根で越冬するので、この時期は地上部が寂しくなりますが、生育旺盛なので春から秋かけて、どんどん大きく広がっていきます。

白、紫、ピンクなどの花色があり、庭や花壇を優しげに飾ります。

ルピナス

ルピナスは豊富な花色があり、花穂を上へ上へと伸ばして咲く姿はまるで藤を逆さにしたよう。

ラッセル・ルピナスと呼ばれる種類が多年草として栽培でき、耐寒性が強い宿根草として知られています。

有機質に富み、肥沃で水はけのいい土であれば、生育旺盛に育ち、やせ地でも育てることができるので丈夫です。

ただ、耐暑性はあまり強いとは言えないため、夏の暑さが厳しい地域では、しっかりとした夏越しの必要があるでしょう。

ユリオプスデージー

生い茂る葉から長い花茎を伸ばし、黄色い花を多く咲かせるユリオプスデージー。

鉢植えは小さいサイズで出回りますが、大きくなると1mくらいに生長する草花です。

夏の暑い時期は花が休みますが、晩秋から初夏にかけてと長期間花を咲かせるので、冬の時期に重宝します。

生育旺盛なため、株が広がり過ぎてしまったら、株分けをしてコンパクトに仕立てましょう。

小型の宿根草

シバザクラ(フロックス)

シバザクラは宿根フロックスと同じ種類の草花で、地を這うように広げていくs多年草です。

開花期の4月ごろから一面を白やピンク、青い色に染め上げ、辺りを華々しく飾り立てます。

通年を通して常緑の多年草のため、冬の時期もグランドカバーとして地表を覆い隠し、活躍してくれるでしょう。

寒さ暑さに強く、とても丈夫で育てやすい草花です。

スズラン

風鈴のような可愛らしい花をいくつも付けるスズラン。

夏の暑さには弱いため、西日の当たらない場所や半日陰になるような場所で植え付けましょう。

スズランは適した栽培環境下であれば、自然に増えいきますが、時には増え過ぎて困ってしまうことも。

適宜株分けをして数を抑えるようにすると、発生を抑えながら育てることができるでしょう。

プリムラ

プリムラは花色が豊富で、アンティークカラーや八重咲き品種など、近年ではさまざまな種類が出回っています。

耐寒性には強いプリムラですが、夏の暑さには弱いため、鉢植えで管理して夏は日陰で管理するといいでしょう。

開花期にはたくさんの花を咲かせるので、肥料切れに注意して育てます。

夏に水切れを起こすとそのまま枯れてしまうこともあるので、鉢植えで育てている場合には水切れに特に注意して育ててください。

ブルーデージー

白や青い色の花を咲かせるブルーデージーは、コンパクトながらも品のあるおしとやかな花を咲かせます。

斑入りの葉であれば、花が咲かない時期もカラーリーフとして寄せ植えで楽しむことができるでしょう。

冬の間は霜が降りない軒下で管理した方がいいため、鉢植えで育て、根詰まりをしないよう、少なくとも1年に1回は植え替えることをおすすめします。

アジュガ

匍匐性があり、地を這うように生長するため、グランドカバーに用いられることとが多いアジュガ。

耐陰性もあるため、シェードガーデンの緑化として植えられることもあります。

葉色が特に美しいので、花のない時期はカラーリーフとして楽しみましょう。

5月〜6月の開花期は、白、ピンク、青、紫などの色の花が、立ち上がって咲く姿も見事です。

宿根バーベナ

バーベナは種類が非常に豊富で、変わった色合いだったり、高性品種、矮性品種だったりとさまざま。

中でも宿根バーベナは耐寒性が強いため、毎年花を咲かせる宿根草として、植えっぱなしで育てることができます。

こぼれ種でも増えていくので、栽培は容易。

咲き終わった花がらを摘み取って、次々と花を咲かせていきましょう。

クリスマスローズ

クリスマスローズはやせ地でも半日陰でも育てることができる、丈夫で植えっぱなしOKな多年草で、冬の花のない時期を華やかに飾ってくれる貴重な草花です。

また、クリスマスローズは愛好家がたくさんいるほど人気の草花であり、咲き方や花色など、さまざまな種類が販売されています。

うつむくように咲く上品なクリスマスローズを、ぜひ庭に植えて、その品のある佇まいを体感してみてはいかがでしょうか?

シレネ

ユニークな花を咲かせるシレネは、耐寒性が強い多年草。

水はけのいい場所を好むため、ロックガーデンに特におすすめしたい草花です。

シレネは耐暑生があまり強くないので、夏の暑さが厳しい地域では、鉢植えに植え付けて、半日陰の涼しいところで夏越しさせた方が無難でしょう。

寒冷地では地植えで越冬可能です。

エリゲロン

エリゲロンは野に咲く花のように、ナチュラルな花が広がって咲き誇ります。

カルビンスキアヌス種は、花色が白、ピンクと色が変わっていくのも、育てていく中で注目したいポイントです。

丈夫で生育が旺盛なので、育てやすい多年草と言えるでしょう。

ハンギングやコンテナなどに、他の草花と一緒に寄せ植えをすると、引き立て役になって綺麗です。

ナデシコ

ナデシコは種類によって、開花期がとても長く、春から晩秋にかけて絶え間無く花を咲かせます。

そのうえ、耐暑性、耐寒性も強く、日本の環境でも植えっぱなしでよく育つ草花です。

花がひと段落したら、切り戻しをしてあげると、再び花が株いっぱいに咲き、カラフルな色の花が鮮やかに彩ります。

ただ、中には一季咲きの種類もあるため、選ぶ先にはなるべく四季咲きのものを選ぶようにするといいでしょう。

ガザニア

ガザニアは背丈が20〜30cmほどの小型の多年草で、冬の寒さを乗り切りさえすれば、毎年花を咲かせてくれます。

寒冷地では戸外での越冬は難しいですが、比較的温暖な地域で、気温がマイナス5以下にならないようであれば、外での冬越しも可能です。

ガザニアは春から秋にかけてと、長期間花を咲かせてくれるので、寄せ植えのメインの花にもおすすめです。

特に黄色やオレンジ、赤などのエキゾチックな色をつけた花びらが、艶やかで触りたくなるほど綺麗なので、ガザニアを育てたらぜひ花びらにも注目してみましょう。

フクジュソウ

「永久の幸福」という花言葉を持ち、雪国では春一番を告げる花として有名なフクジュソウ。

山の中で自生する山野草としても知られており、夏の暑い時期は葉を枯らして休眠します。

フクジュソウが好むような水はけがよく、半日陰の場所に植え付ければ、特に手をかけなくても育てることができます。

縁起のいいフクジュソウを、地植えや正月の寄せ植えに育ててみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

多年草は育てやすく、管理が簡単なうえ、毎年花を咲かせてくれる優秀な草花です。

庭や花壇に多年草・宿根草を植えて、手間をかけなくても花がいっぱいのガーデニングづくりをしてみましょう。

今回ご紹介した多年草・宿根草以外にも、丈夫で植えっぱなしOKの草花がまだまだあります。

紹介しきれなかったものは、こちらのブログにてまたいずれご紹介していくので、楽しみにしていてくださいね。